父の日イメージ

父の日に贈ったプレゼント

父の日には、毎年何らかのプレゼントを贈るようにしていたのですが、毎年プレゼントをしていると、次に何をプレゼントすればいいのか、わからないようになってしまいました。
服を中心にして、仕事で気軽に使えるようなネクタイや、かばんや財布などいろいろな物を贈っていましたが、似たような物になりがちで、いつも迷っていました。
父も、わりと物をたくさん持っていたので、特に必要としているものがない状態でした。
そこで、自分の子供、父にとって孫の写真を入れた額縁を贈ってみました。
センスの良い額をいくつか購入して、デジカメで撮影した写真の中から、映りのいいものを選びました。
自宅のプリンターだとあまりきれいに印刷できないと思ったので、家電量販店の店頭にあるデジカメ用のプリンターを利用して、写真を大きく引き伸ばして印刷しました。
やはり、お店のプリンターだととても仕上がりがきれいだと思いました。
それを購入しておいた額に入れて、父の日に父に渡したところ、とても喜んでくれました。
物を購入してプレゼントしても、いつも喜んでくれましたが、いつも以上に喜んでくれたような気がしました。
それからは、父の日ではなくても、定期的に額に合うサイズに子供の写真をプリントして贈るようにし、父が好きな写真を入れて、部屋で眺められるようにしました。
子供が公園で遊んだり、イベント時に撮影して上手に撮れた写真を贈ると、いつもすごく喜んでもらうことができました。
それからは、毎年父の日には、額や写真立て、時にはデジタルフォトフレームを用意して、プレゼントするようにしました。
父は、自室の中に写真を飾るような棚を用意したので、写真をたくさん増やしても大丈夫な状態になっていました。
父の部屋を訪れると、子供の写真がたくさんあって、見ているこちらもうれしくなりました。
ベッドに寝ていると写真を眺めやすい状態になっていて、いつも寝ながら写真を見ているのだと教えてくれました。
父が遊びに来た時に、自分でデジカメを使って写真を撮影していくこともありましたが、あまりデジカメを使うのが上手ではないので、私が撮影した方の写真を好んで飾ってもらうことが多かったです。
また、やはり母目線の写真は、他の人が撮影した写真とは違う、良い写真だと言って、気に入っていたのがうれしかったです。
写真と一緒に、好きなお酒を贈ると、お酒を飲みながら写真を見て楽しんでいると教えてくれました。

Copyright(C) 2010 ちちのひ.com All Rights Reserved.